<< 私はなにか描いたり書いたりぼんやりしたりしてる。 | main | こういう道具で描いてます。 >>

スポンサーサイト

  • 2020.05.08 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


コメント欄のこと

20070324_224381.jpg
雑談時はコメント欄を閉じる方向で行こうかなと思ってます。

作品掲載中ならそのご感想などもいただけるかもしれないのですが、現在のただの独り言にコメントする人いるんか?と疑問でですね…。
一方通行で申し訳ないですがお許しください。

スポンサーサイト

  • 2020.05.08 Friday
  • -
  • 05:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>みみみみみさん
コメント見落としていました、すみません。
えええ、自分の描いたものがみみみみみさんの人生にいくらかでも影響してしまったのか…と驚いています。しかし行きたい道に進んでらっしゃるなら、嬉しいです。
どうもありがとうございます(^^)がんばります
  • 吉田基已
  • 2016/03/07 7:34 PM
こんにちは
わたしは恋風のアニメで先生の名前を知り
水の色 銀の月で先生の作品を読んで
ハマってしまいました。

当時森さん青木さん達の繊細で甘酸っぱいやり取りを見て絵の世界に行くことを決めて
しまったくらい印象に残っている作品です。
おかげで年齢的には少し遅れましたが現役美大生として活動しています。

そういった思い出があるので先生の作品はわたしにとって特別なものです、これからもご活躍を楽しみにしています。
  • みみみみみ
  • 2016/02/14 10:49 PM
yukiさん
古本屋でというのは私に言わないでいいことです〜!!!はい、ぜひこんどは新品でお願いします(^O^)
コメントありがとうございます
  • 吉田基已
  • 2016/01/16 1:24 AM
はじめまして、40代の男性です。
「夏の前日」を古本屋で絵柄が気に入って購入、
心理描写も良いなって思いました。

そこで、その後「恋風」も古本屋で購入。
(古本屋ばかりで、すみません。)
「夏の前日」も何度か読み返しましたが、
「恋風」はもっと読み返しましたw

一作品が良かったり、複数作品がなかなかって
作者はおられますが、
吉田さんの作品は二作品とも良かったーー!

「水銀」はまだ読んでいないので、読みたいと
思っています。
新しい作品が出たら、今度は新品コミックで
買いたいです。
待ってます!
  • yuki
  • 2016/01/15 9:15 PM
POONYPOPさん
どうもありがとうございます。
憩の一助となれば幸いです。
  • 吉田基已
  • 2015/05/12 9:44 PM
夏の前日読み終えました。体調を崩してしまって色々な物から遠ざかっていましたが、病の戦いは一生続くものの、心のゆとりも生まれたので読みました。
悲しい情景も美しく描けてしまうところが本当に素晴らしいですね。
巻末のすごろくじゃないですけど、ふりだしに戻ってまた最初から読み返したいと思います。
  • POONYPOP
  • 2015/05/12 8:08 AM
まゆむさん
どうもありがとうございます。嬉しいです。
これからもがんばります〜
  • 吉田基已
  • 2014/11/22 4:23 AM
はじめまして。

夏の前日を本屋でふと見つけて買って見ました。
そしたらハマりにハマっ次が見たくなり全巻購入。

最後の五巻は泣いてしまいました。
はじめて漫画を読んで泣きました。

愛が伝わる切ない結末で本当に心に痛いほど感情が入りました。

素晴らしい漫画でした(^^)
これからも素晴らしい作品を世に出してってください!
応援してます\(^-^)/
  • まゆむ
  • 2014/11/12 11:50 PM
夏の前日にちらほら知っている建物が出てきてニヤリとしてしまいました。
京都市美術館と東本願寺が!はとまめが!

私は京都の某芸術高校に通っておるので、夏の前日の馴染みの風景と美大生という舞台にときめきを感じずにはおれませんでした。

夏前といい水銀といい、吉田さんの描く男女のリアルな距離感と雰囲気がしっとりとしていて素敵です。

これからも楽しみにしています。
  • 匠美
  • 2010/04/21 7:22 PM
「恋風」を読んだ時から吉田さんの作品が好きになりました韓国のファンです。
実はアニメを先に見ましたが、すぐに原作のコミックスが読みたくなりました。
ご存知かも知れませんが韓国で「恋風」を出版してた会社『セジュ文化』が200X年倒産しました。
それで4券までは翻訳されてありますけど5券は日本語でしか読む方法がありませんでした。
不足な日本語で5券を読むことは大変でしたが、マッタク感動。
ネットで5券と一緒に買った1~4券も日本語でもう何度も読んでいます。
こんないい作品読むようにしてくれて本当にありがとうございます。

このブログのことを今日しりました。
前からずっと吉田さんにファンレタを書きたいでしたが吉田さんの住所もしれないし、送信する方法もよくわからないし、そんな事情で今まで書きませんでした。

最近、新作「夏の前日」が出ることをしりました。
韓国で日本雑誌の連載作を読むことはいろいろでむずかしいですけど、でも楽しみに読んでいます。

これからもいい作品お願いします。

寒い気温に、風邪をひかないように。
  • skyblue
  • 2009/02/09 3:46 AM
はじめまして、私は吉田さんの作品が好きで今でもすべて本棚に並んでいます!
私は今まで何千ものマンガに出会ってきましたが、あなたの作品はまさに「佳作」が似合うなと思いました。中堅というかなんというか・・。言い方がおかしいかもしれませんが佳作の必要性というか佳作だからこそすばらしい世界観が表現できるんだなって思い知らされました。賛否両論もあるでしょうが誰がなんと言おうがあなたのマンガは素晴らしいです。マンガという媒体の中で必ずなければならないなにかが存在しているような不思議な感覚になりました。一般ウケなんて必ずしも必要ではないんです。復帰楽しみにしています。あなたのような漫画家がどんどん増えてきて欲しいですね。一生応援続けますので!
  • ジョジョマル
  • 2008/03/07 2:51 PM
初めまして。先日大掃除していたら『恋風』がでてきて。全巻読み返したら見事にはまりました。物語が完結してもう4年も過ぎたのですが、できればその後の耕四郎と七夏が幸せに暮らしている姿が見たいです。
  • 黒紫檀
  • 2008/01/06 11:09 AM
このコメントにいつか気付かれるでしょうか?
俺は恋風という作品に出会って衝撃をうけました。
アニメの方を見たんですが、なんていうか、
単刀直入に言うと、もう何回も見てます。
実際に、現実的には「妹」に全く興味はないのですが、
この作品を見ると、胸が痛くて応援しちゃったり、
また、応援すべきかわからなかったり。
後、七夏の仕草にノックダウン・・。
耕四郎のセリフも気に入ってます。いろんな意味で
大好きな作品です。絵だけでなくて、シナリオも好きなんで、
耕四郎だけでなく、全体的にセリフとか結構覚えてます。
後、気になった事もあるんですが、恋風の町並みは、
どこかイメージしたり参考にしたりしているんでしょうか?
桜舞う遊園地とか駅とか銀杏の葉の舞う坂とか。
最初、俺は神奈川県辺りかと想像しました。
とにかく、この作品に出会えて本当に良かったです。
吉田基已さん、ありがとうございます!



  • サエキロウ
  • 2007/11/26 2:25 AM
恋風からはまりました。
自分もついこの前まで京都に住んでいました。
私は三条会商店街から少し離れたところに住んでおりまして、喫茶チロルが50mほど先にあるという場所に住んでおりました。
吉田先生が京都在住だと言うことで、これは偶然でないのかな?と思っていつもチロルを眺めておりました。
  • ymd
  • 2007/05/13 7:41 PM
先生の作品が大好きな者です。

このブログを見つけて、いますごく胸ときめかせてます。

これからもまったりと、応援し続けます〜+゚
  • ベル
  • 2007/05/04 3:15 AM
他の皆さんのように、自分も先生のマンガのファンです。
アニメの恋風の第1話をみてすぐ、マンガを買いに行きました。

先生のやさしいタッチの絵が大好きです。なので、たとえ適当に書いたものでも、気軽にアップしてくれると嬉しいです。(あくまで希望なので、無理にとは言いません)

ちなみに、耕四郎は、あの全体に漂うオッサンぽさが好きです。
  • 初心モノ
  • 2007/04/29 10:58 PM
( *´∀`)ノ旦^^^ イタダキマーース!!

ちなみに昨日、嵐山に行きました。
人が多かった!
山の青さと桂川に心が癒されました。
  • タンポポ
  • 2007/04/29 9:12 AM
|∧∧
|・ω・`) そ〜〜・・・
|o旦o
|―u'

| ∧∧
|(´・ω・`)
|o   ヾ
|―u' 旦 <コトッ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

| ミ  ピャッ!
|    旦

チャントミテルヨー
  • mama
  • 2007/04/15 5:02 AM
お返事いただきうれしいです。
ありがとうございます。
清水寺の桜、きれいですね。私の通勤経路にも電車の線路の両脇に桜があって、晩になるとライトアップされる非常にきれいな場所があります。先生はご覧になりましたか?
ご覧になっていなければ、来年お時間があれば見てみて下さい。きれいですので。
(ローカルな話題で他の皆様ごめんなさい)
  • よねぞう
  • 2007/04/15 12:19 AM
>mamaさん
うん、私本当に嬉しかったんです。お気持ち伝わります。つまり、あれです、うれし泣きです。

>よねぞうさん
全部飲み込んでいくのも、閉じて生きてゆくのも、どっちもアリなんですよね。これはブログのことに限らないのですが、やっぱり自分のかいたことに応えてくれる人がいるって、心底嬉しいもんです。
お気遣いありがとうございます。
  • 吉田基已
  • 2007/04/11 2:13 AM
私がBlogを持っていてもおそらくコメント欄は閉じると思います。みなさんの要望と自分の考えが違う場合は非常にストレスになってしまう、と私なら思うでしょう。先生の漫画が読みたいので、先生を理解してあげる事ができれば、と思っています。
お体には気をつけてください。
  • よねぞう
  • 2007/03/31 1:21 AM
コメ欄閉じるといいつつ開けてみたりココで言っても詮無いと判っててカキコしてみたりレスポンス悪いっつったくせにめちゃめちゃマメだったり支離滅裂ですよセンセてかそんなヒマに作品描きやがれとか思わなくもないけど吉田基已ちゅう作家はそんなに煽ったからっていいもん描くタイプと違うてのは作品見てりゃ-わかるし担当さんは大変だナアとか余計な事も考えつつやめないって宣言してくれたしもうこれ以上いうこたねえや!てか前コメ偉そうにごめんなさい自分に言ってるの半分だし泣かせるつもりじゃなくてエール?そうエールなのね!人のこと言う前に自分が支離滅裂なのは仕様ってゆーかいつも泥酔だからなわけでセンセの作品が好きなのはそういう辻褄合わない部分の性癖かと共鳴したのかと思い至り作者の声が届く場とはこれまた新しい発見あるのねえとかありがとうってこっちがありがとうだよって話なわけでセンセの作品みつけたときのこっちのワクワク感とかどうなのよ?正座すんだよこっちは最近ご無沙汰だなーとか軽く煽りいれるのはいかがなものかと思いつこれじゃあループしてるしやめないってゆってくれたしもういいやスルーが吉
  • mama
  • 2007/03/30 12:02 AM
>日ノ木さかささん
いえいえ、回答記事書くの楽しかったです。こちらこそありがとうございます。

>mamaさん
ああ…
そうです。
そうなんです。
ありがとうございます。肝に命じます。なんだか泣きそう(笑)時間はかかっても、やめません。

>名なしさん
名なしでいいってそんな(笑)待ってて下さいー。
  • 吉田基已
  • 2007/03/28 10:23 PM
一番最後の名なしです。
名前書き忘れてたみたいですみません。もう名なしでいいです(笑)
あのあの憧れの基已氏にお返事もらえるなんて
デヘデヘヘヘ。
「一生想い続ける〜」って七夏も言ってたし、
私も基已さんの漫画を気持ちと首を長〜〜くして、楽しみに待っております。
のんびりでいいんですよ。絵もストーリーも
丁寧なのが吉田漫画の心髄なのですから!!
  • 名なし
  • 2007/03/28 1:02 PM
( *´∀`)アアン
センセったら丁寧なひとね

みんなにお返事。偉いわァ
あなたが一番やさしいっての

でもね、
表現者は表現してこその存在
しなかったらいないようなもの

どんなにゆっくりでもいいから
続けること
やめたらダメだからね

てかね、放置ってゆうのは
最高潮に構うのの裏返しだから…
がんばっちゃイヤアア〜ン
(お返事頂けて本意気でうれしいの)


  • mama
  • 2007/03/28 2:20 AM
なんとまぁ、こんなにもご丁寧なお答えを頂けるなんて…
本当に、ありがとうございます!

大切なお時間を使わせてしまって申し訳なく感じるとともに、詳細な画材についての説明をとても嬉しく思います。
あの細やかで柔らかな線が、鮮やかで優しい色が、こういった道具によって作られていたのですね。

繰り返しになりますが、本当にありがとうございました。
  • 日ノ木さかさ
  • 2007/03/28 12:24 AM
おお…皆さんやさしい。あたたかいお言葉の数々ありがとうございます。

>さちさん
ありがとうございます。独り言も絵があると意外と間が持つなぁとか思ってます(笑)

>mamaさん
最初の一行に心底癒されてしまいました。
放置プレイ嫌いじゃないですか…ご期待に添えるようがんばります。

>ルーさん
あっ…。
なんかすごい…Wikipediaて…京都市在住とか…人知れず甲府にでも引越してたらどうするんでしょうねこれ。してないですけど。
イラストはイメージ映像でお送りしております。言われてみれば自画像みたいですね。
髭のオッサンが、髭のオッサン主人公の恋愛漫画描いてるってキャラ設定は気持ち悪くてちょっと面白いです。…既によくそう思われてるみたいです。ルーさんもお好きな設定でどうぞ。
ウィキペディアの記述正しいですよ。

>日ノ木さかささん
ご質問は記事にてお答えします。

>ドコサさん
無理してないですよ。お気遣い、ご助言ありがとうございます。
なんかね、コメントいただけるとほんとに、ちびるほど嬉しいんですけど、以降はしばらく閉じます。

>charaさん
ありがとうございます。
暖かく見守って下さい!…ちょっと甘やかしすぎです。すぐ調子に乗りますから私。

>はおまるさん
私の近況に興味ある方がおられるのか疑問はあるのですが、そうおっしゃっていただけると安心して更新できるゲンキンな自分がいます。ありがとうございます。

>虎さん
イラストは自画像です。
(こんなんばっか言ってたら本当に信じる人がいそうなのが…まぁいいか)
のんびりやります(^^)

>(無名)さん
お名前書いて下さいー。
いえいえ、なんだかんだ言いつつコメント頂いてデレデレ喜んでるわけで、全く潔くない私であります。
恋風のサントラは今の季節ぴったりですねぇ。
  • 吉田基已
  • 2007/03/27 5:15 PM
こんにちわ。
コメント欄を閉じていらっしゃるのを承知で
コメントします(笑)
「水と銀」連載第1回からの“コアな”ファンてす。
「恋風」最終話をモーニングから切り離し大事にとっております(照)何が好きってそりゃあもう。
アニメの方も捨て難く、特に耕四郎の声が私の頭の中の耕四郎とピッタリで、《罪悪感帳消し〜》の部分は感情の流れがよく出ていて秀逸ですね。
サントラもほぼ毎日聞きながら仕事をしてます。
あぁ〜〜っっ。書きたい事が山ほどあるんですっっ
でも・・・コメントに返事がなかなかできない為に
コメント欄を閉じてしまう基已氏の潔さが一番好きです(大笑)
  • 2007/03/26 2:24 PM
本当にその通り
更新など気にせず
のんびりやれば一番ですよ

イラストのヒゲについて詮索は一切いたしませんよ
  • 2007/03/25 3:28 PM
いちファンです。
このblogを知り、先生の近況を知ることができてとても嬉しいです。
次回作、のんびりお待ちしています^^
先生のやりたいようにやれば良いんですよ。
ファンはただそれを暖かく見守るだけ。

気にせずにまったりやって下さいな〜。
  • chara
  • 2007/03/25 12:18 AM
素早い返信がないことを気に病む閲覧者もいるようなので、レスが遅れる、もしくは滞ることがあらかじめ予想できるならば、コメントは基本的に閉じておいた方がよいかと思います。
返信が義務になるようでは本末転倒ですし、長続きしません。
気の向いたときに更新すればいいし、時間の空いたときに返信すればいいのです。
(ここ数日は更新されてますが、逆に無理してんじゃないのかな?と思ってみたり。)

かつて大勢のヒトの日記を集めたミニコミ誌があって、いろんなヒトのいろんな日常がいろんな形態で表現されているのが面白かったのですが、独り言でも話題が派生するきっかけにはなるもので、モノによってはコメントもつくのではないでしょうか?

まぁ、最近はスパムの火の粉もやっかいですが。
  • ドコサ
  • 2007/03/24 11:28 PM
コメント欄は、別に開いていて反応を見ているだけでも構わないと思うけどなぁ。
ただ、レスを返さないのを気に病むのでしたら(結構大変ですからね)、閉じていていいんじゃないでしょうか。

などと言いながら、個人的な質問をさせて下さい。
吉田先生はどんな画材を使用されているのでしょうか。
絵具はナニを?
インクは?
ペンは?
筆は?
原稿用紙は?
今でも『週刊モーニング特製漫画原稿用紙』を使われているのでしょうか。

まあ、聞いてみたかっただけなんで、大変なようでしたらスルーして下さい。
では…
  • 日ノ木さかさ
  • 2007/03/24 3:50 PM
はじめまして。
「水と銀」からずっと、先生の作品にはまっています。
さて、最近「ウィキペディア」の漫画のカテゴリーで、先生のお名前を見つけたのですが、「女性漫画家」となっており・・・。
ずっと男性だと思っていたのですが、
先生は女性ですか?
上のイラスト(自画像?)を見ても、男性のようなのですが・・・。
(σ´∀`)σこやつめ〜

いいんすよ自分のやりたいようにして
ご自分のブログなんですから
放置上等!嫌いじゃないです
こちらも勝手に次回作ワクテカで待ってますんで
  • mama
  • 2007/03/24 11:24 AM
はじめまして。吉田基已 先生の作品が好きな者です。

恋風を古本屋で見つけ、たまたま立ち読みして、それからファンになりました。

独り言でも楽しく見させて頂いてます。
これからも楽しみにしてます。
  • さち
  • 2007/03/24 11:21 AM
といいながら開けてみました。
コメ欄閉じてるのはレスポンスもあんまりまめにできないからです(これはただの怠慢です。性分です。私プライベートでもメールの返事とかなかなか出さないんですよ…友達なくしますよ…音信断ってる知人友人の皆さんごめんなさい…とここで言ったところで伝わるかどうかですよ)。

こんなんでよろしければお気軽に一言残してって下さい。
  • 吉田基已
  • 2007/03/24 5:27 AM
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM