<< 7月21日、単行本『水の色 銀の月』1、2巻発売します。 | main | 12月になってしまいました。 >>

掲載のお知らせ『水の色 銀の月』第6話

8月17日木曜日発売のモーニング38号に『水の色 銀の月』第6話が掲載されます。
よかったら読んで下さい。

スポンサーサイト

  • 2017.03.28 Tuesday
  • -
  • 14:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
私実はちょっとF先生ファンなんです。真面目にはまったのは近年なんですけど。でもチンプイは殆ど知らないんですよねぇ…(>_<)
お気遣い本当にありがとうございます。がんばりますゆえ。
  • 吉田基已
  • 2007/03/17 2:21 AM
またまたまたスミマセン。
>>吉田先生
返信ありがとうございます!ホッとした安心感と返信が来た喜びとで軽くパニクってます(笑)
でも先生がエスパー魔美を見るなんてまた意外ですね〜。
個人的にはエスパー魔美とチンプイが被ってるわ、『チ〜ンプ〜イ♪』が頭の中でループするわで大変です(笑)

とにかく先生が元気そうで安心しました。
今後もゆっくりまったり路線で無理しないで下さいね〜。
  • chara
  • 2007/03/16 7:22 PM
>charaさん
ありがとうございます。
寝たり起きたり散歩したり喫茶店でぼんやりしたり、日がなエスパー魔美のDVD-BOXを観たり、そんな過ごし方です。あんまりろくなことしてないです(笑)
  • 吉田基已
  • 2007/03/16 1:29 PM
またまた別のコメント欄にカキコしてスミマセン。

なかなか更新されないので、吉田先生のファンとしては結構心配でした。
吉田先生って執筆されていないときはどのように過ごしているのですか?
せめて、先生の一言あれば感激でっす。
  • chara
  • 2007/03/13 10:58 AM
>charaさん
いえいえ、ありがとうございます。
子どもの気持ちは忘れたくないんですけどね。あたたかいお言葉、本当に嬉しいです。
  • 吉田基已
  • 2006/12/04 9:59 PM
>ていうかまだ子どものつもりだったのかよ
いいじゃないですか、子どもでも。たまにはマッタリしましょうよ。
いつになっても良いので、また吉田先生の作品が読みたいです。
別のコメント欄にコメントしてしまい、スミマセンでした。
  • chara
  • 2006/12/02 4:51 AM
はじめまして。吉田先生の本のファンになってしまった。(笑)男子学生です。 水の色銀の月1、2をソッコーで読んでしまい、帯にある恋風が気になり1〜4を買い(恥ずかしかった)最終話が気になり書店を数ヵ所回りましたが入手できず、、でもいつまでも終わらないでいて欲しい様な複雑な気持ちです。長々すいません。めちゃめちゃな文面ですが、水の色銀の月も恋風もであえて幸せでした!
ありがとうございました!頑張って下さい!
  • 2006/11/09 5:55 PM
どうも初めまして、「水の色 銀の月」のファンになってしまった者です。
僕は10月入ってからたまたま本屋で見つけて気になったので買ってみました。
それからはもう毎日一回は目を通さないと落ち着かないほど好きになりました。

僕的には、2巻の森の話がとても好きです。
目が合うとそらしたり、でも合ってないと気になったり、なんか自分に近いものを感じました。
こんなに自分の心を響かせた本はほんとに久しぶりで、出合えて幸せです!
これからもがんばって下さい!吉田先生の作品を心より楽しみにしてます!
あ〜、早く3巻出てこんかな〜。
  • koji
  • 2006/10/04 11:40 PM
どうもです。コメントいただいてるのにレスポンスせずすいません。
でもほんと、ありがとうございます。

>「バチバチバチ」
あれは単純に、描きたかっんですよね(笑)
当人たちは大真面目ですが、ちょっとギャグっぽく。
  • 吉田基已
  • 2006/09/23 2:18 AM
読破してからすっかり時間が経ってしまいました。
個人的に「叶わぬ恋」を抱えている身として、叶や佐和子のような「叶わなくてもいい、想っていれば幸せ」といった風な感情には共感を覚えます。そしてそれを「やめとけよ、辛いだろ」、「悪いが、俺は〜誠実だとは思わない」という哲生の見解にも。どちらも分かるだけに、僕には辛いお話でした。
意外だったのは、「バチバチバチ」のシーン。そういうところは表情のみで擬音無しで描かれる方だと思っていたのでちょっと驚きました(書き文字無くても伝わるのに・・・)。
ともあれ、楽しませていただきました。次回、楽しみにしています。
  • kenji
  • 2006/09/18 5:56 PM
こんにちは、はじめまして。
先日吉田先生の「水の色 銀の月」を買いました。
実は出てることを知ってから見つけるまでがちょっと一苦労で、近所の大きめの本屋ではなかなか無いのです。
結局秋葉原までちょっくらお出かけで見つかったときには嬉しかったです。

感想はいろいろあるのですが、登場人物達のやるせない気持ちにちょっとほろりときますね。

これからも頑張ってください。
  • furari
  • 2006/09/12 1:09 AM
しょーかしょーか。初夏でしたか。
作中で衣更えしているのですね。う〜っ、早まりましたぁ…orz

不遇だと思っていた彼女のこと、ちゃんと先生はお考えになられていたのですね。
余計な心配していたみたいですw
もしかして、彼と彼女がこれから…
うーん、どうなんでしょう。気になりますね。
  • 日ノ木さかさ
  • 2006/08/18 12:50 AM
はじめましてこんにちは。
「恋風」から愛読しています。
「水と銀」を探していたときにふいに
新装版で「水の色 銀の月」を見つけて
即購入してしまいました。
モーニングは買った事ないのですが
17日楽しみにしています。
暑い日が続いていますが執筆活動頑張ってください。楽しみにしている読者がここにも一名ほどいます(^^)
  • Dance
  • 2006/08/05 4:15 PM
原稿作業ご苦労様です。
今回の「あのひと!」は、全員の出番が終わったから、簡単に想像ができませんねぇ。
時期からいったら、夏のお話になるのでしょうか?

勝手に舞台予想を…

本命、「海水浴場」。
昔、吉田先生が語っていた
>水着でドッキリ、夏のビーチでハプニングの巻。ってカンジです。
をやってもらいたいなぁw
佐和子は、今年こそ海を見れるといいですね。

次点、「夏祭り」。
花火がドン、と鳴って綺麗だな〜。浴衣姿の女子が見たいんですもの。綾傘鉾が完璧な前フリ。

対抗、月海が主役の回と考えて「夏期講習」。
ジメジメして嫌ーな感じw

大穴で、「アメリカ」。
涼子は今?
編集騙して海外取材(冗談です。すみませんw)

予想を立ててみると、こんなところでしょうか。
うーん、どんな話なんでしょう。
17日の掲載を、心待ちにしております。
  • 日ノ木さかさ
  • 2006/08/03 12:08 AM
ついに6話掲載ですか!
いや〜待ちに待っていましたよ。
八月の半ばと言うことで。
やっぱりこういうブログを作っていただけるとありがたいです。
モーニングのサイトで確認するより、見逃しにくいですし、早いですからね、情報が。
前に書かれていたように、今回は長編になるんでしたね。楽しみにしています。
  • とんかつ
  • 2006/08/02 6:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM